出会いのきっかけを作る婚活メディア

婚活コラム

婚活に20代は来ないで!と思う女性心理とは?30代以降の婚活女性の戦略も解説

結婚相談所や婚活アプリを利用している女性のなかには「なぜ男性は20代が良いの?」「婚活は若い子主義すぎて不平等」と思ったことがある方もいるかもしれません。

男性からすれば「そりゃ若い子の方が良いよ」「なんとなく20代と結婚したいもんだよ」と言いたいものでしょうが、婚活業界に携わっていると「20代は婚活市場に来ないで!」という女性心理もわかります。

そこでこの記事では、「婚活に20代は来ないで」と思う女性心理と、30代以降の婚活女性がとるべき戦略をお伝えします。

婚活中の女性はぜひご参考くださいませ。

20・30代、ハイスペに強い婚活なら「Adore」

婚活に20代は来ないでと思ってしまう女性心理

はじめに、婚活に20代は来ないでと思ってしまう女性心理をお伝えします。

その多くは若い子へ嫉妬が起因しているのですが、もう少し具体的にみていきましょう。

婚活に20代は来ないでと思ってしまう女性心理

  • 20代女性は婚活男性から人気だから
  • 結婚相談所のライバルが多くなるから
  • 20代は安く婚活サービスを使える場合が多いから
  • 結婚相談所以外の出会いが向いている思ってしまうから

理由1.20代女性は婚活男性から人気だから

20代女性は婚活男性から圧倒的な人気を誇ります。20代という絶対的な価値が、婚活市場では大いに発揮するのです。

「20代婚活女子ってそんなにモテるの?」と思うかもしれませんが、業界最大手のIBJがまとめた1万人超の成婚データ「2022年度版成婚白書」をみてもわかるように、20代女性の成婚のしやすさは他の年代と比較して高いことがわかります。

男性は経済的に余裕が生まれる30代前半が最も成婚しやすい年代にあるのに対して、女性は如実に若い方が結婚しやすいのです。

牧野
牧野

30代以降の婚活女性からすれば、婚活男性から人気な20代女性に「婚活市場に来ないで!」と思ってしまうのも自然ですよね。

理由2.結婚相談所のライバルが多くなるから

2023年現在では、結婚相談所は出会いの手段としてはまだまだメジャーとは言い難いです。職場結婚、知人紹介、マッチングアプリの方が多いでしょう。

しかし、アプリ疲れや時間効率を求めて、結婚相談所を使う20代は着実に増えているのです。

日本経済新聞の記事によると、結婚相談所に入会する年代は、2019年時点で20代は3.8%であったのに対して、2022年では20代は15.3%と大きく増加しています。

「20代は婚活に来ないで」と思う背景には、結婚相談所が浸透してきたことによるライバルの増加が挙げられそうです。

IBJの20代女性の割合について解説している記事もあるので、併せてご参考ください。

理由3.20代は安く婚活サービスを使える場合が多いから

決して安くない婚活費用を捻出して頑張っているにもかかわらず、20代向けのキャンペーンを打ち出す結婚相談所や婚活アプリを見てしまうと、「20代は婚活に来ないで」と思ってしまいたくなりますよね。

筆者も結婚相談所を運営しているのでよくわかりますが、婚活ビジネスにおいて成婚料は結婚相談所にとって大きな収益源の一つです。

そのため、結婚しやすい属性の方であれば、多少入会金や月会費を抑えても、成婚料でペイできるので、費用を割安に提供できるのです。

牧野
牧野

結婚しやすい属性の方と言えば、そう、20代です。特に20代女性にご入会いただければ、男性のからのアプローチが多くてご成婚いただきやすいため、20代向けのキャンペーンを打ち出す結婚相談所は多いのです。

IBJの20代向け割引制度について解説している記事もあるので、併せてご参考ください。

理由4.結婚相談所以外の出会いが向いている思ってしまうから

20代という若い年代で結婚相談所を利用している方を見ると、「本当に真面目に結婚したいの?」「まだ遊び盛りだからアプリの方が向いているんじゃない?」と言いたくなるかもしれません。

事実、筆者が運営している結婚相談所の「Adore」でも、「なんでこんなに綺麗で20代の女性からお問い合わせ頂くのだろう?」と不思議になってしまうことは少なくありません。

婚活カウンセラーの私ですら「東カレデートでいいのでは…」思ってしまうのですから、ライバルである婚活女性がむかついてしまうのも無理はありません。

20・30代、ハイスペに強い婚活なら「Adore」

30代以降の婚活女性がとるべき戦略

さて、20代の婚活女性にむかついていても、婚活が上手くいくわけではありません。むしろ卑屈になってしまえばしまうほど、疲弊してしまうもの。

30代以降の女性には30代以降の大人な魅力があるため、上手くその武器や思考を活用しながら婚活を進めることが重要です。

ここからは、30代以降の婚活女性が取るべき戦略についてお伝えします。

30代以降の婚活女性が取るべき戦略

  • 20代に劣っているわけではない
  • 女性らしさを維持する
  • 経験値の高さや余裕を垣間見せる
  • 結婚後の夫婦生活をイメージさせる

20代に劣っているわけではない

まず大前提として、30代以降の女性は20代に劣っているわけでは決してありません。「自分なんて…」「もう遅いのかな…」と悲観的になる必要は一切ないのです。

牧野
牧野

ネガティブな思考は気疲れや疲労につながり、婚活を進める上では弊害でしかありませんから、まずは「20代がなんだ!自分には自分の魅力がある!」という気持ちで婚活に臨みましょう。

女性らしさを維持する

筆者(男)も例に漏れず若い女性が好きなのですが、年上女性とお付き合いしたこともあります。

20代前半の時に30代の女性とお付き合いしていたのですが、お別れした今でもとても素敵な女性だったと言えますね。その理由の一つとして、同世代(20代前半)の女性と比べても、「女性らしさ」が維持されており、むしろ同級生や同期より「女性!」って感じがしてメロメロだったのを覚えています。

牧野
牧野

n=1の私の経験談でしかありませんが、30代以降の女性であっても女性らしさを維持する、つまり外見の努力を怠らなければ、婚活を有利に進めることができるはずです。努力している女性を嫌いな男性なんていませんからね。

経験値の高さや余裕を垣間見せる

30代以降の大きな武器として、人生経験値の高さや経済力が挙げられます。

生活や仕事でなにかあっても、その人生経験から男性をサポートできるケースが多いでしょう。男性は女性に弱みを見せたがらないものですが、そこをカバーできる余裕や心の広さがあれば、きっと好意を寄せてくれるはず。

牧野
牧野

20代女性ではなかなか身に着けることができない頼りがいや落ち着きは、30代以降の女性にとっては大きな武器なのです。

結婚後の夫婦生活をイメージさせる

婚活男性のなかには「この子は本当に今結婚欲が強いのだろうか?」「自分との将来を今真剣に考えてるのだろうか?」と、若い女性に対して不安を抱く方は少なくありません。

30代以降の女性であれば、お互いに落ち着きを求める年代であることからも、結婚欲に対して不安にさせることはありません。むしろ問題があるとすれば、20代よりも自立していなかったり生活力がなかったりするケースです。

30代以降の婚活女性は結婚後の夫婦生活がイメージしやすいので、家庭的な一面を垣間見せることがポイントです。

30代女性の婚活なら「Adore」

ここまで「20代女性は婚活に来ないで!」と思う女性心理や30代以降の婚活女性の戦略を解説しました。

20-30代・ハイスぺに強い結婚相談所「Adore」であれば、20-30代のカウンセラーが多く在籍しているので、同世代の立場から実践的なサポートをご提供いたします。

ぜひお気軽に無料相談にお申込みくださいませ。

20・30代、ハイスペに強い婚活なら「Adore」

  • 執筆者
  • ライターの新着記事
婚活クラウド 編集部

婚活に役立つ情報を発信する「婚活クラウド」編集部です。 20-30代・ハイスペに強い結婚相談所「Adore」のカウンセラーが投稿しています。

  1. 結婚相談所でも会えない人の特徴とは?会えない人向けの対策法も解説

  2. 結婚相談所にはやばい男が多い?婚活でまともな男性と出会う方法を解説

  3. 結婚相談所を利用する医師が増えているのはなぜ?医師と結婚する女性の特徴も解説!

コメント

この記事へのコメントはありません。

婚活ブログランキング

関連記事

この記事の読者におすすめ♪

PAGE TOP

20-30代・ハイスペに強い結婚相談所なら「Adore」

84,000名以上の会員基盤から最適なお相手をご紹介!
無料相談はこちら